<   2007年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

子供・・・

私たち夫婦にはなかなか子供が授かりませんでした~?
普通は結婚してすぐ?って感じでオメデタですよね・・・
ところが私の場合は違っていたのです

親戚や舅からはまだかまだか?と聞かれ、実家に帰れば帰ったで
同じ質問ばかり~もうイヤ~~!!って感じでした・・・
一番待ち望んでいたのは私たち夫婦なのに・・・ね~

そして1年5ヶ月後に長女を出産・・・それはそれは嬉しい出来事でした♪♪
初孫だったので実家の両親などは目の中に入れても痛くないほどの可愛がりよう・・・

この時に何が辛かったか??と言うと・・・
授乳の時に舅がそばから離れてくれないことだった
私は母乳で育てていたので夫にオッパイをあげるから・・・と
それとなく舅に移動をすることを伝えるのですが・・・この舅が鈍感な人で~
エエョ~イツパイ飲ましなさい♪と言い私のそばにベッタリくっついてどこうとしないのです
私としては赤の他人・・・見られるのはイヤです!!
いくら説明してもそんなことが度々続きとてもイヤだったことを又思い出してしまった~笑い


b0096584_6581367.jpg


人生とは皮肉なものであれだけ出来なかったものが一度出産すると次もすぐになのね?
でもこの時の私、ジンマシンか何かでとても強い薬を服用していました
お医者さんに相談して保証は出来ない!!と言われ真剣に悩んだ結果、お別れすることにしました
私たちの中ではこの子は男の子だった気がします・・・ごめんね~~
今、振り返ってみてこの子がいたら我が家の運命も違う流れに行ってたかも知れないね
でも逆に障害を抱えて生きるよりは良かったのかもね、といつも言い訳したり後悔したり・・・

だから毎年の笹栗参りを欠かさずにしています・・・せめてもの罪滅ぼし・・・です

今の私、多分ここまで書かなくてもいいことまで書いていると思う
でも何もかも記録として残しておきたいのです・・・いつか我が娘達がこれを読み
何かを感じとってくれ少しは人生の役に立ててくれればいいな~と思い・・・
今のままの怠け者から早く脱皮して欲しい・・・切実な願いです!!

by seriren | 2007-09-29 07:13

どこで何が起こるかわからない!!


内心心穏やかではなかった私の元に電話があったのはある日の夜遅くだった。
平静を装いながらも気持ちはドキドキ・・・
それは仲人さんからの電話~やっぱり破談になったんだ~!!
そう思うとなんかムチャクチャ腹がたち・・・でも話の内容を聞いて今度はこちらがビックリ!!


相手の母親には一度しか会った事がない・・・
いずれは毎日のように顔を会わせるのだし、そんなに慌てることはない♪
それくらいの軽い気持ちでの初対面だった・・・
それまで結婚を躊躇していた理由のひとつがこの母親のことだった・・・
母親=姑、ずっと若いころから病弱な人だと聞かされていた
よりによって何故そんなところに嫁入りしなけりゃいけないの~??
そんな損得計算で動いている若いころの私だったからね~(^-^;)ゞ


でも同居はしなくていいし、しばらくは2人で住めばいいよ~~(=^ー^=)
なんて甘い言葉に載せられOKをしてしまった・・・
その母親が肺炎を起し入院をしてしまったのである
それも非常に危険な状況でドタバタしてて連絡が遅くなって申し訳ない・・・
そんな内容の電話でしたが・・・結局はその電話の後に亡くなってしまいました。

こんな場合私はどうすればいいのかわかりません
こんな時に上手に対処できるほど出来た人間ではありませんし・・・
取りあえずは葬儀告別式には出席しました・・・このビミョウな立場の私・・・
どこに居ればいいのかわかりません~
だってまだ他人だし、親類の人々に紹介されてたわけでもないし・・・
凄く居心地が悪く肩身の狭い思いをしたことを今でも鮮明に覚えています


亡くなったのが挙式10日前で式場のキャンセルや列席者への連絡など
様々なことが待ち受けていました・・・この時の私はこのままボツにしたい!!と
本気で思っていました~先のことを考えると不安で不安でたまりませんでしたが
相手はこの縁を逃したら大変とばかりに必死で49日があけるまで延期して欲しいと
説得してきました・・・正直、私の気持ちは覚めていました~冷たい女でしたからね~


私の方も親戚縁者の手前もあるし・・・その流れに身を任せるしかありません
それで1月15日・・・当時はこの日が成人式でしたので忘れられない日になりました

小雪のちらつく寒い日でしたが滞りなく無事に終りヤレヤレという事です・・・が
それからが私の地獄が始まりました・・・
当時は以前勤めていた会社に通ってて朝も早いし慣れない家事もこなさなければ
なりません~最初からの約束どおりに2人だけで暮らすことは変わりなかったのですが・・・
舅が毎晩のように来て12時を過ぎても帰らないのです・・・

近所に住む叔母が舅に注意をしてくれましたが鈍感なこの人は全然こちらの気持ちを察してくれずに私はバスの中で爆睡しての通勤が続きました~(;^_^A アセアセ

結婚してすぐに初盆、一周忌、そして翌年には3回忌とずっと法事に終われる私・・・
なんてかわいそうなんだろう!!と自分で情けなくなったりもしました
おまけに舅方の親類には嫁として受け入れられずに無視されることもあり辛かったな~~

だがそれも子供が生まれると態度がコロッと変わり少しは居心地よくなりました???
まだまだつづく~

by seriren | 2007-09-23 02:12

往生際が悪い・・・

私たち夫婦の結婚までの道程はとても劇的だった!!
3年間も普通の友達として付き合ってきて取りあえずは歳も歳だしお互いがよければしょうか??
そんな簡単な理由で9月頃から正式に付き合い始めアレヨアレヨと言う間に
式の日取りも11月に決まり晴れて私は花嫁に・・・なるはずだったが・・・

いよいよ挙式当日まで10日と言う頃、些細なことで打ち合わせが必要になり
相手方に電話をしたけど応答がありません・・・
朝・昼・夜・何度も何度もダイヤルを回しました
ここでフト思ったこと・・・私が迷っているように相手も迷ってるのでは・・・?
それならそれでもいい!! 
断られる前に断ろう・・・善は急げ!!とばかりに仲人さんにも連絡・・・
不思議なことにここにも電話が繋がりません~

さすがの私もちょっといゃ~~な予感が・・・
いくらなんでも当日のキャンセルはないよね~~?
シャレにならないよ・・・と私たち家族でヒソヒソと会議をしました~

b0096584_17442215.jpg


それが信じられない結末に・・・
続く~~

by seriren | 2007-09-19 17:49

泥沼・・・

現在のわが家の状況・・・最悪です~
すべてにおいて私が悪いのだろうか?

子供達のことも私のせい??
仕事のことも私のせい?

帰って来てもご飯食べてすぐに自分の部屋に行きPCゲームしてて
それでいいのかな~
そりゃぁ・娘達からウザイって言われたら自室にこもるしかないよね?
でも他に方法はなかった?? これは幸いとお籠り生活をはじめたのではないかしら・・・

昨日は次女の誕生日だった
前日に娘がその話を持ち出したら・・・
(お父さんは、誕生祝なんてしてもらったことがない!!)と言ってるのが聞こえました
自分が子供の頃にしてもらえなかったから娘にもしなくていい??
その考え方間違ってないですか??

娘もその時点で察した様子でそれ以上は何も言わなかった・・・
わが家はもう修復不可能かも知れないです
20数年前に夢見た暖かい家庭、一家団欒の姿はいつの間にか幻となってしまったようです
哀しいけどそれが現実です~~チャンチャン・・・

by seriren | 2007-09-12 11:17

今ばなし

突然ですがブログのタイトル変えました
家族に見られたくないので意味不明のタイトルに・・・
ここでこれを書くことについては自分なりに理由があるのだけど・・・
ただ、単に覚え書きかも知れんけど・・・??
ひとつはボケ予防かな?(⌒▽⌒)アハハ

これを書くことになってから過去のことを少しずつ振り返ってみると
結構忘れてることが多いです~
それをひとつひとつ糸を手繰り寄せ紐解いてみるのも楽しいし刺激になるよ♪
ここで書いてる事は自分のありのままの姿だし家族や周りのものを卑下してるわけでもないし中傷する気持ちもサラサラない・・・
ただ私の正直に思っていることを書いてるだけだから・・・つじつまの合わないところもたくさんある~どこのどなたがこれを見てるかわからないけど・・・それはそれでよしとしよう~~(^-^;)ゞ

b0096584_1165793.jpg


この多肉の寄せ植え・・・
中の方で蒸れてきて・・・植え替えしないといけないけど重い腰が上がらないです~

by seriren | 2007-09-05 11:11

縁あって・・・

今の夫と一緒に20数年、一緒に暮らしています
今の夫って言うと他にも居るように聞こえるけど・・・今までに一人しか居ません

友人の引越しで初対面からしばらくしてその友を介して付き合いが始まりました
私としてはグループ交際でしかなかったけど・・・
そんなに好きなタイプでもないのにズルズルと3年ほどグループで遊びまわっていました

b0096584_1221496.jpg


なぜ嫌いか?と言うと
1・まず顔が好みのタイプではなかった(自分のことは棚に上げてね~笑い)
1・長男だった・・・病弱の母親を抱えていてもし結婚すれば確実に介護をしなければならなかった
1・性格が優柔不断で好きになれなかった・・・などetc~


それが何故でしょうかね~~今、一緒に住んでるんですよ~不思議・・・
よく赤い糸で結ばれている??なんてバカげたこと言ってるけど、そんにロマンチックなものでもなく・・・このまま行けばお互いに歳を取るだけだし・・・それぞれが人助けと思って踏み切ることになったのです~(;^_^A アセアセ

by seriren | 2007-09-04 01:23